Pocket
LINEで送る

NHK、13日より“アナログ終了”の字幕スーパー告知 -AV Watch.

いよいよ、アナログ放送の終わりが迫ってきましたね。ご結婚式のDVDを制作していても、今の新郎新婦はもう既に地デジを見れる状態がほとんどのようです。「きれいなハイビジョンというものを知っている」なので、こちらへご依頼も頂けるのでしょうか。

で、NHKではアナログ終了の文字が出るようです。これじゃ、ハイビジョンじゃないのが悲しくなりますよね。おじいちゃんおばあちゃんとか分かるんでしょうか?みなさん、プレゼントしてあげてくださいね。

NHKでは今年の4月からテレビのアスペクト比(縦横比)を16:9のハイビジョン、レターボックスの表示にしました。(ライブ・ニュースは除く)これは大きな事で、このタイミングでずっと4:3で見ていた映像がどんなテレビでも16:9に変わった事を意味します。すでに「さよなら4:3」。楽しかったよそのアスペクト。

今の技術の解像度では細かなディテールまでよく見え、よりダイナミック、スケールの大きな風景であるとか、広角の映像がきれいに写す事が出来ます。やはり広角だと、画面が横に長い方が向いている様に思います。(絵画でもそんな気がしますが)

これからは4:3の映像を目にする事も減るんでしょうね。いつかは4:3が逆に新しい、レトロな感じがいけてるとして、使う場面もあるんでしょうか?

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment