Pocket
LINEで送る

本日2011年2月1日より、以前からお知らせ致しておりましたプランの価格改定を行わせて頂きました。

「ビデオ撮影は高い」、「写真があるからいらないんじゃないの?」

そのようなお言葉をまわりに聞きながら、「ひとつレベルの高い」ご結婚式のビデオ撮影を目指し、努力を重ね、制作を続けて参りました。おかげさまで、ご依頼を頂いたお客様からは「ビデオを撮って頂いてよかった」、「感動しました」などの多くの感謝のお言葉を頂ける様になりました。これも今日までご依頼を頂き、撮影業務を続けさせて頂いた皆様のおかげです。ありがとうございます。

しかし現在、正直なところ「こだわりの制作」に対する時間と労力になかなかご理解を頂けない場合もございます。「撮ってれば良いだけ」そんなイメージがあるのでしょうか、ご結婚式のビデオ撮影の業界全体のイメージも決して高いものではなく、しいてはそれが低価格化につながり、クオリティの追求をやめ、利益追求-品質低下の負の循環を生んでしまっています。

その一方で、実際に制作をご依頼頂いたお客様からは「他と比べて安すぎます」、「こんな安くてやっていけるんですか?」などのお言葉を頂く事も多々ございます。

現在の映像クオリティを維持しようとする場合、どうしても作業に時間がかかり、従来の作業時間から少しずつその作業量は増えています。

「こだわりの映像を多くの方に」と「出来る限り低価格で」

この2つのバランスと共存には映像の追求とは別の問題として悩み続けています。そこで苦渋の決断ですが、将来の作業人員の増員なども含め、やはりクオリティの追求を止めてはいけないとの信念から価格の改定を決断させて頂きました。SDプランは実質値上げ、HDプランは一部若干の値下げとなり、両プランの価格差は以前より小さくなります。これは今後のハイビジョン、ブルーレイの需要増を想定しています。

また、新たな挑戦として「撮って出しエンドロールビデオプラン」も開始致しました。こだわりの映像制作とエンドロールの組み合わせにご期待ください。

今回の価格の改定により、ご依頼をお考えになるお客様もおられるかとは思いますが、クオリティの追求と日本のご結婚式のビデオ撮影全体のレベルアップにご理解とご協力を頂きますよう、よろしくお願い致します。

代表 石井 誠

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment