Pocket
LINEで送る

ちょっと待ってください。何らかの形で映像制作を行っている人たちにとてもわくわくするニュースを発見してしまいました。Panasonicからマイクロフォーサーズ搭載のHD映像が撮影可能なカメラの発表のニュースです。

gh1k_slantjpg1

海外でもかなり話題になっているようですが、「PROLOST」(OrphanageのSTU MASCHWITZのブログ)で知りました。日本での正式発表はまだのようですね。このカメラなぜビデオ屋が注目するかというと、もちろんHDでの映像が「大きなイメージセンサーにより」撮影可能というところにあります。これは何を意味するかというと、一眼レフのDOF(被写界深度)でHD映像を撮影できるという事です。被写界深度、映像の手前の物と奥の物、ピントが合う範囲が狭いという意味ですね。こちらのブログは技術的な専門な方が見ている訳ではないと思いますので簡単に説明しますと、「奥行きのある映像が撮影できる」当意味ですね。(一眼レフとコンパクトデジカメの写真を比べるとわかりやすいかもしれません)まあこちらをご覧下さい

今までにはCanon 5D Mark IIという同じくHD動画撮影可能な機器が有ったのですが、「24フレームの撮影不可」「マニュアル操作の不可(特にアイリス)」などの問題から、本当におしいっ!というような雰囲気でした。しかし、GH1はすべてをクリアし、さらに記録媒体がSDカードにAVCHDとPanasonicのビデオ機器と同一のフォーマットのようです。

海外ではRED ONEの次の「SCARLET」の発売が少し伸びたとの話。GH1はもしかすると「DOFに取り憑かれたものたちの究極のカメラ」になるのでしょうか?期待しています。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment