Pocket
LINEで送る

今日は明日の軽井沢撮影のために長野市に前乗りで来ています。長野市は私の出生地。大学までは長野と松本を行ったり来たりしていましたので、双方、愛着がある街です。

少し早く到着したので、久しぶりの善光寺さんにお参りに行ってきました。

さすがに観光客の方が多いですね。みんなやはりスマホやら、中には一眼を抱えるおじさん、みんな写真好きですよね。私はビデオカメラマンなんですが、基本的に写真のカメラは持ち歩きません。目線が映像「動き」なので、静止画で表現する感覚があまりないのでしょうか。で、もっぱらiPhoneで写真やたまにビデオを撮ります。

今日は、そのiPhoneの「パノラマ撮影」が意外と使えたので善光寺の案内がてらご紹介させていただきます。パノラマ撮影、ちょっとスケール感がある写真が手軽に撮れておすすめです。

まず操作と設定

まずパノラマ撮影はiOS6を搭載したiPhone 4S以降でしかできないみたいです。まず普通にカメラアプリを立ち上げて、下のメニューの「パノラマ」を選んでください。で、シャッターボタンを押したら、iPhoneを横を見渡す感じで振ります。この時、ゆっくりと。(そうしないとiPhoneに注意されちゃいます)

IMG_5436

そしてここでコツをひとつ。画面のおおよそメインとなる対象物の箇所を長押しして、「AE/AFロック」しましょう。露出とピントのロックですね。これをしないと、パンしている時に、明るさが極端に違う箇所でオートが効いて、ひとつの写真の中で露出が違ってしまいます。下は門の左端の部分で露出が変わってしまって不自然に画像が合成されてしまってますね。

IMG_5409

そう、パノラマ撮影はiPhoneの決まった画角で連続的に写真を撮って、それを内部で合成(!)しているんです。以前からもこういった機能はありましたが、自然に「パンして」できてしまうところが素晴らしいですね。

このな感じで撮れます

広角を生かしたこんなショットも。パンはじめと終わりを計算してから振りましょう!

IMG_5392

綺麗に整備された参道に続く道。どこからか線香の香りが。

IMG_5400

石畳の坂がしばらく続きます。もう夕暮れ時は少しづつ観光客も減っていきます。

FullSizeRender 8

あ、これは途中でいただいた野沢菜の「おやき」。熱いっ!うまいっ!熱いっ!

FullSizeRender 9

仁王門。あまり「いかにもパノラマ」って感じにパンしすぎない方がいいかもしれません。

IMG_5410

あとパノラマっていうと水平に撮る感覚があるけれど、上を向いたり下を向く感じもダイナミックでいいです。

FullSizeRender 3

六地蔵さん。一番右端の地蔵さんは片足が降りている、珍しいそうです。

FullSizeRender 4

 

FullSizeRender

IMG_5430

どうですか?少し善光寺のゆったりとしたスケールを感じていただけましたか?まあ、パノラマ撮影はコンデジの広角があれば一発で撮れるんですが、あくまでiPhoneしかなかった時に、こんなチップスも有効なんではないでしょうか?

いや、「スマホ用のクリップ式の広角レンズもあるよっ!」て?あ、ああ、その方が撮影している姿はスマートですね。。。

 

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment