Pocket
LINEで送る

こちらはDuo DOMOさんで撮影させていただいたお二人からご感想をいただきました。

suzuki

「この度は素敵な映像を作っていただき、誠にありがとうございます。

結婚式の準備をしていく中で、石井さんの作品をたまたまインターネットで見つけ、こんな風に結婚式を撮ってもらえたらどんなに素敵だろうって、色んな作品を見せていただき、石井さんに撮って頂くことを決めました。

私たちの結婚式はテーマカラーが緑で、緑色が映えるように撮ってくださいとリクエストさせていただいたのですが、完成したものは、式場のガーデンの雰囲気や会場の周りの街路樹、会場のスクリーンの緑などなど、本当に期待以上に綺麗に撮って頂いてとても感激いたしました。

また、式や披露宴だけではなく、会場に入るところからお見送りまで、何気ない会話や細かい表情、ゲストの反応等とても丁寧に撮られていて、ビデオを見るたびにその時々のことや、気持ちが蘇ります。

石井さんのビデオには「自分にとって特別な1日」の物語がありました。

私たちの結婚式が石井さんのおかげでひとつ作品になった気がします。一生の宝物です。本当にありがとうございました。」

東京都 鈴木 様
結婚式・披露宴撮影
Duo DOMO にて

*写真は新婦様のお支度中に挨拶文を確認する新郎様。


緑がお好きな新婦様、当日はすごく緊張されていて、できる限りカメラはお邪魔をしないようにき気を使わせて頂きました。普段おとなしい私も時々は愛想よく喋るようになるんです。

「何気ない会話や細かい表情」が撮れていることをお感じ頂け、感激です。でも、「何気ない」と言ってもそこには理由があるんじゃないかと、その理由を一つずつ紡いでゆくと、それが「物語」を感じて頂けるものになるのかなあ、と思います。

私は「すべての物事にはそれぞれ理由がある」と考えます。

あそこで俯いている人も、笑顔でいる人にも、泣いている人にも、それぞれの理由があるはずです。生きて、感情を持って、過去と未来を持っているならそれぞれの「ストーリー」はきっとある。そしてその結果の今は誰も否定することができない、大切な瞬間だと。

私は話をしていてよく「なんで?なんで?」と聞きます笑。うざがられる時もありますが、私が一方的に想像した相手の気持ちではなくて、本当の「本当の」気持ちの流れが知りたいんです。

そういった目線が細かいところを撮っていく視点につながっているんでしょうか。気持ちを知りたい。なのでカメラを向けます。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment