Pocket
LINEで送る

昨年の秋、神奈川県の芦ノ湖付近の会場さま、オーベルジュ オー・ミラドーで撮影させていただいたお二人から、大変嬉しいご感想と映像掲載のご許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

ご感想

「結婚式の際は大変お世話になりありがとうございました。当初ビデオ撮影は予算の関係で入れないつもりでしたが、家族や友達に頼んで残したほうが良いと式場の方から言われ悩みました。家族や友達だとうまく撮れないとか、頼まれた人はかなり負担になるなど何かに書いてあったので、どうせ撮ってもらうのならプロにお願いしたいと思う様になりました。

検索すると沢山の撮影会社が出てきてサンプルを見たのですがどこも似たり寄ったりで値段も結構高いので本当に必要なのかなという気持ちになりました。そんな時たまたまブーケアンドリールさんのHPを見つけサンプルを幾つか見てあまりの素晴らしさに私達もこの人に撮って貰えるならお願いしたいという気持ちになりました。

当日は朝早かったのですがお支度から遅い時間までずっと撮影して頂きました。会社によっては結構着席し、ずっとは撮らないと聞きますが、私が見ていた限りでは休憩も食事もしていなかったみたいで申し訳ないくらいでした。披露宴後車で移動し写真撮影をしたのですがそこにも同行してくれました。何よりわざわざ大阪から遠く箱根まで来て頂き撮影してもらえたことは嬉しかったですし感謝しています。

先日待ちに待った映像が届きました。すごく期待しながら見たのですが、それをはるかに上回り素晴らしい出来で夫と二人で感動してしまいました(^O^)ホント、映画みたいです!! 2時間位の長編なのですが全く飽きることなく見れました。私たちの他にもゲストもまんべんなく撮影して頂いたみたいで私たちが見れなかったみんなの表情や会話も沢山入っていて嬉しくなりました。私たちだけで見るのは勿体無い。来てくれた人どの人が見ても楽しめる映像だと思うのでみんなにも見てもらおうと思います。

それから披露宴中のBGMとして、ピアノの生演奏を頼んだのですが緊張もあったのか当日私達の耳にはあまり届かず正直覚えていません。せっかくこだわったのに残念だったなと思っていたのですが映像にちゃんと入っていてこんな感じだったんだねと夫と最確認することができました。ピアノの演奏も映像に溶け込んでいていい感じ。特にこうして欲しいというリクエストは出さなかったのですが素晴らしい出来で大満足です。

それからダイジェストも映像が違っていていたりとホントこだわって編集してあるなと感じました。「さすがプロ!」と感心させられました。私達の結婚式をこんな素敵な作品にして下さってありがとうございました。
石井さんに撮影をお願いして良かったです!本当にありがとうございました。」

神奈川県 K 様

結婚式・披露宴撮影

オーベルジュ オー・ミラドー にて


本当に嬉しいですね。そうですよ、撮影中は食事などとりません。とる方いらっしゃるんですね?いや、現場ではいつどんな出来事があるかわからないですから、基本的に「待機状態」です。とは言っても、記録撮影はずっとカメラを向けているわけではなく、現場の空気と一体になりながら、いつでも動けるようにそっと身を潜めている感じです。(目立たないようにね笑)

ご期待を上回る出来でお喜びいただけて本当に良かったです。全体的に少人数でお食事のシーンが多かったのですが、ここがうちの腕の見せ所です。皆様の会話やリアクション、ご表情などから、お一人お一人の個性やストーリーを感じで、少しづつ表現してゆく。時にはお話などもしながら「中に入っていく」ことを大切にしています。そういった細かな視点の積み重ねが、飽きずにのめりこめる映像に繋がっていくと信じています。

ハイライトムービー

サンプルとして掲載させていただいたハイライトムービー。こちらはお二人のお人柄と当日の感動を表現させていただきました。実は新郎さんは私と同じ「まこと」というお名前。それでつい新婦さんに「普段なんて呼んでるんですか?」なんて聞いていたんですね。

新婦さんは手作りのものが多く、とても器用。この日をとても大切に思っているお気持ちが伝わってきます。「すごいですね!」とのギャラリーの声、新郎さんの嬉しそうなご表情。

お父さんは挙式のリハーサル時にもう泣いてします。新郎さんは「緊張されてるから」とフォローされます。新婦さんは明るい感じでお話しされますが、心配そう。

お二人には「誠実」さと「穏やかさ」、「今までの道のり」を感じました。新婦さんのお手紙、私も泣きました。

ご披露宴後は芦ノ湖畔へ写真撮影に。この日も実はフォトフォリーの松岡さんとご一緒!本当にいつも的確な場の作りに感嘆です。少し肌寒いこの季節、新婦さんも頑張ってくれました。少しづつ暗くなっていく雰囲気もこの日は寂しい感じはなく、「清らかさ」を感じました。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment