Pocket
LINEで送る

「多くの人に映像制作の楽しさを知ってほしい」との思いから、いろいろスマホの動画撮影・編集アプリをご紹介していますが、今回見つけたものはかなりいいです。

Flipagram」もう知っている人も多いかもですね。

これはプロの映像製作者からも見ても非常に「ツボ」を抑えたアプリなので是非ご紹介させていただきます。皆さん、使ってみてください。

凄いところその1【音楽を選んでつけるのが簡単】

映像クリップって音がありますよね?普通の人が映像クリップを作ろうと思うと、セリフを言うのは煩わしく、やっぱり映像にBGMをつけるのが手っ取り早いんです。自分ミニミュージックビデオを作るっていうことですね。そこで良い音楽を簡単に「選べて、付けれる」ってとこがミソなわけですが、このFlipagramはiTunesの検索を持ってきました。そしてなんと30秒の試聴音源をそのまま使えたりします。もちろん、そのままiTunesで楽曲購入することもできます。これ、ちょっと著作権的にはわからないんですが、すごく直感的でストレートな方法ですよ。もちろん、自分のスマホに元から入っている曲も使えます。著作権をクリアーした音源など初めからつけない!潔い!

IMG_6089

凄いところその2【全てのメディアを素材にする】

これは他のアプリ同様に静止画と動画区別なく素材として使えるのですが、その素材はスマホのカメラロールからはもちろん、自分のFacebookアカウントやインスタアカウントの画像も使うことができます。とにかく「自分の素材はなんでも使える」という縦横無尽さがいいですね。

凄いところその3【押しているだけ録画、BGM再生】

この3つ目のポイントが一番凄いと感じたんですが、これ映像クリップを作る時に「写真または動画を選ぶ」モードと、もう一つ「曲に合わせてビデオを撮る」というモードがあるんです。こっちが凄い気が利いている。

IMG_6093

まず、前述のように音楽を選びます。そして映像を撮影するんですが、下の赤いRECボタンをホールドしている時だけ録画されるんです。「一度押して、もう一度停止を押す間」じゃないんです。これがとてもスマート。スマホの録画ボタンって、物理的な出っ張りがないためか、押したことを忘れたり、または押したつもりで押してないってことがよくあると思うんです。それを「ホールド」という方法で解決したのがすばらいいですね。

でも待てよ、これってなんか見たことある。と思ったら、インスタの動画撮影もそうでした。最近あまり使ってないので忘れていましたが、どちらが最初でしょうね?

もう一つ素晴らしいのが、「その録画ボタンを押している間だけ、BGMのその箇所が流れる」という所です。

これってなんて事ないかと思われるかもしれませんけど、音楽のリズムやメロディーに合わせて映像を作る時には、やはりじっくりと音楽を聴いて映像を合わせなければなりません。私もエンドロールを撮っている途中で、イメージする曲が決まってきたらその曲を頭で流しながら撮影します。

録画している時に音楽が流れると、頭でイメージしているものが合わせやすい。

IMG_6090

これ、地味ですがすごくいい機能です。うちの映像制作は「お客様ありき」で、そのお人柄や当日の内容によって音楽を後から選ぶことが多いのですが、ミュージッククリップ風のものを普通の方が作る場合には、すごくイメージやタイミングが合わせやすいと思います。何より、映像を撮っていく側から完成していく感じがわかりやすいですね。いやあ、凄い考えてある。

あと、画面中央の「ゆっくり」ボタンを押すと音楽が早くなります。ということは完成した映像はスローになるんです!これも凄い。でもちょっと撮る時にはイメージしにくいかな。。音楽は普通のスピードで、映像の始めの方だけスローになる方がいいかも。

これ、簡単な写真を繋げるだけだったらご披露宴の余興のスライドショーとかも作れますよ。私が見たところテキストは入れれるみたいですが、ディゾルブなどの映像効果がなかったので、プロフィールムービーの制作には少し向かないかもしれませんが、撮影さえ上手ければエンドロールも作れちゃうかもしれません。制作の構造的に言えばすごく理にかなってます。

スマホでエンドロール撮影、そのままYoutubeアップ、そしてストリーミング再生。そんなことをされるご友人などもすぐに現れるんでしょうね。素晴らしい!そして私もやってみたい!

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment