Pocket
LINEで送る

先日、サンプルムービーにも掲載させていただいたお二人からご感想を頂きました。

ウェディングムービーを10年もやらせて頂いていると、時々、「これでいいのかな?」という瞬間は確かにあります。毎回、毎回、ご結婚式の現場では神経をすり減らし必死に撮影をさせて頂き、その後は根を詰めた編集作業に明け暮れます。少しずつ知識もスキルも上がっているんでしょうが、いつも、「まだできるんじゃないか?」という思いが必ず残っています。

納得していないわけではないんですが、それが「完璧」だとは思わなようにしています。そのように感じていたら成長は止まってしまいそうだから。

普段は気づかない「少しづつの成長」。そんな努力の成果を知るのは、こんなお客様からのご感想をいただける時です。嬉しかった。もう何も言うことはありません。当方のこだわりはこういう事です。まるで代弁していただけましたね笑涙。

ご感想サムネイル

ご感想

《新婦様より》

「この度は素敵なムービーをありがとうございました。ビデオをとるなら、ハイライトだけではなくて記録を残したいと思って、探しに探して石井さんに出会いました。オシャレなショートムービーを扱っているところはあっても、長編のドキュメントでこんなに素敵なムービーにしてくださるカメラマンは、石井さんしかいないと思います!

「外注」を行うと打合の窓口が自分たちになるので、 どのように会場と連携できるかを、私はとても心配していました。でも石井さんは自ら、プランナーさんにお電話でお打合してくださり、私達はなにもすることなく無事当日を迎えました。これって実はすごいことですよね。 「カメラマンさんの外注って簡単!」なのではなく、石井さんだからこそのサービス、お気遣いなんだと思います。

今回の結婚式では、色々と「オリジナル」を持ち込みましたが、石井さんとの関係が何よりパーフェクト!!絶対的信頼のまま、当日を迎えることができました。

いわずもがなの映像クオリティですが、一体いつの間にこんなに移動できたの!?と驚くくらい、同じシーンでも色々な場面が切り取られていて、2時間以上のドキュメントでも、少しも飽きることなく、満喫できました。

1番のお気に入りは、式が全て終わって ソファに座りこむシーンです。当日は、舞台を演出しているような、主役を演じているような気分だったので、それがふと素に戻った瞬間が一番私達らしいかなと。しかも披露宴もお見送りも終わった後なのに撮影していたただけていたとは。本編(ドキュメント)では、お見送りまでで終わっていて、短篇(ハイライト)だけで出てくるのも、まさに「舞台裏」といった感じで嬉しいです。

結婚式当日は、本当にばたばたしていて、写真やムービーを見ることでようやく記憶が構築されるというか、結婚式が自分達のものに実感となって返ってきた気がします。

石井さんのムービーで、実際以上に自分たちの式が素敵なものとして、刷り込まれました笑。本当にありがとうございました!! ムービーに迷っている人みんなに、石井さんをお勧めしたいです!!」

《新郎様より》

「『何も意識せず自然に振る舞ってください。私は黒子に徹していますから。』初めての晴れ舞台という緊張もあり、カメラの方見たりした方がいいんですか?というこちらの問いに対しての、石井さんのこの返しがとても印象的でした。出来上がった映像を見てみると、そのお言葉通り、撮られていることを全く意識していないとても自然な表情が鮮やかに切り取られていて驚きました。

編集の仕方も秀逸で、間延びしがちなシーンでも全く違和感なくスッキリと繋がっていて、自分で悩んで決めたこともとても自然に映像に寄り添う形で活かされており、こだわった甲斐があったなと、報われた思いがしました。

これらはすべて、余計な演出を排し、その場の自然な流れを最高の形で切り取り映像作品にするための石井さんの細部へのこだわりのなせる業だと思います。

初めは映像に残すこと自体迷っていましたが、完成品を見た今では、心から石井さんにお願いして良かったと感じています。値段で言えば、動画撮影というのは、これはブーケアンドリールに限らず、決して安い出費ではないですが、写真だけでは伝えきれないその場の空気感、当日自分が目にすることのできなかった中座しているときの列席者の表情、メッセージなど、映像に残す利点は、想像よりも数多くありました。

動画撮影をしようかどうか少しでも迷っている方には、是非サンプルムービーを見て、石井さんのセンスの良さを体感してほしいと思います。」

東京都 明村 様

結婚式・披露宴撮影

旧細川侯爵邸 和敬塾本館 にて

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment