Pocket
LINEで送る

カメラを向けられる緊張

先日撮影させて頂いたお客さまから嬉しいお言葉を頂きました。慣れない1日、慣れない撮影ではじめは緊張をされていたそうですが、撮影の合間に私とちょこちょこお話をしているうちに緊張がほぐれてきたそう。その「間合い」が心地よかったと。

よかった。やっぱりカメラを向けられるのって緊張しますよね?(たまに全然気にされない方もいらっしゃいますが、そういうお仕事されているとか)

実も私もそれをすごく感じたんです。というのはよくご一緒させていただいているフォトフォリーの松岡さんに自分のプロフィール写真を撮ってもらったんです。

ライトを当てて、ポーズをつけてもらって、カメラがバシャバシャと音を立てる。

やっぱりこっち側にいると緊張するなと実感したわけです。

普段は撮る側でなかなか体感することがなかったので、実感としてよくわかりました。「見られている自分」。「ちょっとカッコつけている自分」。恥ずかしいですよね。

そこで大切なのはやはり「コミュニケーション」。ゆっくりした話し方だったり、相手に本当に興味があるいうことが伝わる「心」からの会話。言葉だけじゃないです。物腰や表情。その全体が示す柔らかな表現。フォトフォリーさんはさすが上手です。ふざけるでもなく、自然にで上品にリラックスさせてくれます。さすがカメラマンさんはうまいなあ。

私もそんな雰囲気で新郎新婦と接することができるように、いつも努めています。まず写真よりも相手を見ないと。ただの置物のようには綺麗には撮れませんから。

みなさん、カメラマンをお選びになる時はそんな点も気にされてはいかがですか?ただサンプルの写真を見て決めるのではなく、人柄が合う合わないもありますし、やはり実際にお話するなり、お会いするなりして決める事を強くお勧めします。

そんな大切にしているところをお褒めいただいて、本当に嬉しかったわけです。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment