Pocket
LINEで送る

キャプチャ

ご披露宴の映像撮影をさせてもらっていると、色々な手作りの映像を目にします。プロフィールやオープニング、ご友人の余興映像など。本当にご自身で映像を作られる方は増えました。そしてみなさんアイデア豊富。プロも見ていて「すごいな」と思う映像も時々あります。

そんな映像の中から、今日はちょっと面白かった表現のものをご紹介させて頂こうと思います。

みなさん、ご結婚式の準備って意外とパソコンで行う作業が多いと思いませんか?各所とのメールのやりとり、プロフィール映像の作成、写真の整理、BGMの選考、下調べにググるなど。そんなパソコンでのご結婚式準備の様子をそのまま映像にした作品です。

パソコンの画面を直接キャプチャしてしまうんですね。まずはどんなものか?ちょっと作ってみたので見てください。

どうです、ちょっと荒い作りですいません。およそ雰囲気はこんな感じです。なんか、パソコンを操作している本人と見ている方がシンクロしてゆくようで、何だか不思議な親近感がわきますよね。これ、すごい素敵だと思いました。最後の新婦の苗字を新郎のに変えるところ。そのまま頂きました笑この映像にお気に入りのBGMを付けてくださいね。

準備の作業はいろいろ。他にはメッセンジャーなどで新婦さんとやり取りしている様子もそのままキャプチャできたら面白そうですね。あとskypeなんかで新婦さんにビデオ通話して、お互いのお顔が出るとか。いろんなアイデアが出ますね。

作り方

まず、パソコン画面のキャプチャの方法です。MAC OSXをお使いの方はQuickTime Playerを立ち上げてください。そして、

「ファイル」-「新規画面収録」

画面収録

「画面収録」のウィンドウが出ますので、赤い丸ボタンを押し、画面の収録したい一部をドラッグしてください。ここがちょっとポイントで、あまり広範囲をキャプチャすると、上映のスクリーンでは小さい箇所が見えにくくなります。ですので、できる限り画面のボタンや構成は細かく見やすいように並べておくのが良いです。

あと、メールを書くときなんかは見やすいようにフォントを大きくしておきましょう。

こうやってキャプチャする画面映像。やってみるとなかなか難しいです笑。操作のミスをしたり、タイピングミスしたり。こればかりはしょうがないので、後で軽く編集ソフトで無駄な箇所はカットする必要はあるかもですね。

ポイント

タイピングって見ているだけだと結構まどろっこしいですね。私はタイピングが遅いので、編集でそこだけ200%に速度を上げました。

いかがですか?普通に動画をビデオカメラで撮るのではなくて少し変わったオープニングやプロフィール映像が作れそうですね。意外と簡単なのでオススメです。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment