LINEで送る
Pocket

関西出身

現在、代表の私 石井は大阪に住んでいますが、この数週間毎週のように東京へ撮影に行かせていただいています。わざわざ遠いところから指名してお呼び頂ける、本当にありがたいことです。

通常は新幹線で新大阪から東京まで2時間半程度で行けます。大阪を始発で出ると、9時45分には都内でのお支度開始には間に合うでしょうか?新幹線では、その日の進行や動きを確認したり、本を読んだり、なかなか取れない音楽を聴く時間にしたり(もっぱらの作業「編集」って音楽聴きながらはできなんです!)。結構あっという間に過ぎて、あまり遠く離れているという感覚はありません。

ちなみにもっと早いと思われる飛行機は使いません。何より延滞や欠航というリスクがあるので、この日以外にはない撮影には使用できません。ももう一つちなみに、最近は車も使いません。これも万が一の事故のリスクを考えてのことです。

毎週行ったり来たり。結構新幹線慣れます笑。今は列車をネットで予約できる、「エクスプレス予約」ってのがあるんですが、だいたい、6往復に一回くらいポイントでグリーン車に乗れたります笑。そんなことも楽しみつつ。

そんな中、お客様の撮影をしてふと思うのが、「新郎新婦様どちらかが関西ご出身の方が多いな」という事。本当に、多いです。ご出身が関西とか。

ここからは勝手な想像ですが、、、もしかすると、どちらかが関西ご出身の場合、ご親戚やご友人なども関西から招待する場合、「遠くから来て頂く」という意識が少なって、カメラマンも遠くから呼ぶのに抵抗がないのかなと。

ご自身が関東と関西の距離を感覚的に知っていて「それほど遠くない」と感じているから、遠方からもご依頼いただきやすいのかな?と。

もしくは、地元の関西のノリが好きで、わざわざそのノリをカメラマンにも求めているとか?それな無いような気がするんですが。。。どうなんでしょう?今日は「かな?」ばかりの仮定話ですいません。でも、本当に実際にご親戚やご自身が遠方のご出身で、ここ日本の大きさを皮膚感覚で知っているのであれば、本当に狭いものとお感じになっていると思うんです。

そういったことで、もし「遠方からわざわざ呼ぶのも。。」とお考えの方は気にせずに、(海外から来るわけではないので)お気軽にお呼びいただければと思います。日本は狭いです。

LINEで送る
Pocket

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment