Pocket
LINEで送る

ちょっと薄汚れた

今日は少し悲しい気持ちになりました。うちの映像を気に入ってくれたかたからの撮影ご依頼、しかし会場様の「持ち込み料」が必要であることに気づき、断念。という、時々あるあの問題です。それが今回はすごい高額の持ち込み料と聞き、びっくりました(詳しくは書けませんが)

お客様は本当に残念ですよね。理由もはっきりしない理不尽な費用を請求され、ショックなお気持ちもおありでしょう。でも、いいんですよ。みんな知ってます。ちょっと調べると、その会場様の「持ち込み料」の噂はすぐわかりました。多くの方がその理不尽さに不満を書き連ねています。そろそろ気づくときじゃないかな?

おかげで気付かせていただきました。「目的を見失ってはいけない」ということ。

受注を多く、利益を大きく。特に実勢がある企業はそういった利益主義に一度落ちると、なかなか内部からは目が覚めにくいといいます。

初心の目的、やりたかったことはなんだろう?利益追求?それとも?

クリエイティブと個人事業を両立する時、これがすごく、すごく難しい問題に思えます。でもこんな「ちょっと薄汚れているウェディング業界」の端っこにいる業者だからこそ、気付かせてもらえた事。絶対に目的は見失わない。感謝すべき出来事ですね。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment