Pocket
LINEで送る

虫刺され

夏ですねー。暑いあつい。でももっと暑いのはドレスやタキシードを着た新郎新婦さんですよね。このシーズンは特にお二人は大変です。会場の中などはいいですが、ガーデンウェディングや外でのお写真撮影など、お二人もスタッフも汗だくです。でも日差しいっぱいの中、それもパワーがいっぱいで楽しいんですけどね。

そういった事もあり、夏のシーズンは最近「ナイトウェディング」なるものが流行っているとか。少し遅い時間から初めて、ちょうど涼しくなってきた夜風をみんなんで楽しみながら、ガーデンでパーティ。いいですよね。そう、花火なんかもありですよ。このシーズンならではです。そういえば、去年の夏、仙台のお客様も花火されてましたね。

そんな夏のご結婚式、以前「夏のご結婚式の暑さ対策」という記事も書かせていただいたんですが、もう一つ、ご注意いただきたいことを忘れていました。

それは「虫刺され」。蚊ですよ、蚊。

バカにしちゃいけません。ただ痒いだけじゃないですよ。もし新婦様のお顔や首など刺された場合はどうします?赤く腫れたお顔でその後のパーティを過ごします?きっとプロのお写真では修正してくれるかもしれませんが、ゲストの方のお写真すべてを修正するわけにはいきませんよね。ちょっとのことですが、この日ばかりは刺されるわけにはいきません。

でも結婚式の行動範囲って結構危ないところが多いんです。もちろん会場様のガーデンやテラスなどは最善の方法をとっているかと思います。危ないのがロケの写真撮影。これはさすがにどこに行くかで蚊の発生場所と遭遇してしまうこともあります。あと、神社の境内などもすごく多いです。

やっぱり対策をしていくことに越したことはありません。夏のシーズンに写真ロケや、外の出る場合は必ず「虫除け」対策をしてくださいね。できればドレスのサポートなどを行って頂く「介添えさん」などがそういった対策をされてくださるのが一番なんでしょうが、なかなかそういった気を使える方も全員ではないので。

ちょっと気を使って、楽しく、最高の夏の1日をお過ごしください!

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment