Pocket
LINEで送る

ご結婚式のビデオ撮影はどのように行われるのか?実際に撮影ご依頼を頂いたお二人の1日を追い、当日の流れをご紹介致します。

AM 09:45 会場外観の撮影

do01

会場へ到着後、まずは会場外観の撮影から開始します。その日、その場所の雰囲気が伝わる映像を丁寧に撮影します。

AM 10:00 お支度・準備

do02

通常、お式の前のご準備の様子も撮影させて頂いています。メイクルームでのお支度などでは、何気ない会話が当日のご様子を伝えますので、ぜひご検討ください。(お支度室への入室は会場様のご許可が必要になります)

AM:10:30 フォトセッション

do03

お時間が許すのであれば、写真のカメラマンさんとイメージショットの撮影をご一緒させて頂きます。記録的な撮影だけではなく、ビデオオープニングなどに使用されるドラマティックな映像を撮影させて頂きます。

AM 11:00 挙式リハーサル

do04

挙式のリハーサルがある場合には同行させて頂き、本番では撮影出来ないようなポジションからの撮影や、リラックスしたお二人の表情をとらえます。

AM 11:30 親族紹介

do05

ご親族紹介のシーンもカットする事なく、全て撮影をさせて頂きます。

AM 12:00 挙式

do06

いよいよ挙式のお時間。リハーサル時に想定したポジション・構図で、お二人の大切な一瞬をとらえます。特に「入場」や「誓いのキス」、「指輪交換」などのハイライトはポイントをおさえた的確な撮影を心がけています。

PM 12:30 披露宴開始

do07

「入場」、「祝辞」などのポイントはもちろんですが、記録撮影の様につまらない構図やポジションになる事は避け、出来る限り会場の雰囲気を伝える「飽きさせない」映像撮影を心がけています。また、ご歓談中は会場内のどこで何時盛り上がるか分かりませんので、常に全体に注意を払います。

PM 13:30 ビデオメッセージ

do08

ブーケアンドリールでは、通常お二人のご中座の間に、ゲストの皆様からビデオメッセージを頂いております。当日はなかなかすべとの方とお話しする事が難しい場合もございますので、このメッセージはDVD完成後の一つの楽しみになります。

PM 14:00 再入場・歓談

do09

お色直し後の再入場はキャンドルサービス?それともサプライズの演出をお考えですか?再入場のシーンでは会場のご担当者様(司会者様・キャプテン)と連携をとり、最高のタイミングとポジションどりを行います。ブーケアンドリールでは会場ご担当者様との連携がビデオの品質に関わる重要な要素と考えておりますので、全てのシーンで綿密な連携をとらせて頂きます。

PM 15:00 手紙・花束贈呈

do10

クライマックスの感動的なシーン。ご両親へのお手紙を呼読んでいる新婦様のお姿から、それをお聞きになっているご両親の表情へ。お手紙の内容も考慮したカメラワークは、今までの撮影経験が一番出るシーンです。ここでも単なる「記録」ではなく、感情のこもった映像をとらえるよう心がけています。そして撮影は送賓へ続きます。

1日の撮影にご協力頂きありがとうございました。

全ての撮影において、お二人のお気持ちになり、会場全体の様子に気を配ります。撮影当日でも「こんな風に撮って欲しい!」などのリクエストがございましたらお声がけ下さい。

世界でたった一度の特別な瞬間は、流れ作業ではなく、1つ1つオーダーメイドで作られます。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment