Pocket
LINEで送る

Vimeo Video School

以前、映画の予告編は良い映像の勉強になりますよというようなブログ記事を書かせて頂いたんですけど、実は、全てがオンラインでつながっているこの世界、もっと充実した勉強方法もあります。今映像をしている若い方は当然知っているかな、でも普通の(例えばご友人の余興映像を作りたいとか)方のにも是非知って頂きたい。映像制作の敷居は日に日に下がってきているんです。

私がお勧めするのは、専門学校へ行くでも、大学へ行くでもなく。

Vimeo Video School(vimeoビデオスクール)です。無料のオンライン情報です。

vimeoはYoutubeと並ぶWEB映像サイトですので知っている方も多いと思いますが、そこの映像を見るだけではなくて、サイト内で技術的なことを学べる「Vimeo Video School」というサービスがあります。vimeo内のブログのいちカテゴリとしてまとめられているようですが、ここがすごく細かく、貴重な情報が多く掲載されています。

映像の基礎的な知識だけではなくて、「今」の現場で使える具体的なテクニックや知識が豊富です。「WEB上で映像を売っていく方法」なんて他の学校で教えてくれるところあるんでしょうか?他には、最新の機材の情報や実際の使い方など。そう、動画サイトですから、文章と一緒に参考となる映像も載っていて、すごくわかりやすい。やはりWEBは偉大ですね。

難点は、「英語」ですね。全て英語の文章です。でも文字なので、ゆっくり解読もある程度は可能でしょうし、サイト翻訳などを使ってもある程度は理解できるでしょう。

正直言うと、こうやって映像の勉強をしていくと結局ぶつかるのが「英語の壁」です。

やはり映像も海外の情報の方が充実していて、クオリティが高いものが多いんです。(そして最新!)WEBってあることを徹底的に調べつくしていくと結局英語サイトに辿り着いたりしませんか?映像も一緒です。貴重な情報は海外の英語サイトに。しばらく経って日本に情報が翻訳されて入ってくることもありますが、その情報の濃さやスピードはネット社会では我慢できない事もしばしば。結局、「英語が読めること」これが映像を勉強するにも非常に重要だと感じます。

数年前とはまるっきり状況が変わってしまう今、この時代。現時点で言えることは、映像の勉強はリアル学校でなく、海外サイト、そして英語の勉強から。ですかね。という自分もまだまだ勉強が足りないんですが、もっと英語の勉強頑張ろ。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment