Pocket
LINEで送る

ウェディングソング

今年もすでに予定された撮影は終わり、周りは年末モードが漂っていますね。編集に明け暮れる日々です。さて、年末といえば紅白やら、歌番組がいくつかありますよね?このブログでも、現場で多くのご披露宴を目にしているビデオカメラマンの立場から、今年よく聞かれた「結婚式ソング」を発表させて頂きます。きっと年末一地味なランキングですね。

ランキングといっても特に集計しているわけではないので、あくまで私が「記憶している」範囲で、現場でよく聞いたなあと感じる曲たちです。では。

  • 「Always」西野カナ
  • 「トリセツ」西野カナ
  • 「君が好き」Mr.Children
  • 「キセキ」GReeeeN
  • 「愛をこめて花束を」Superfly
  • 「ひまわりの約束」秦基博
  •  「SUN」星野 源

さて、見ての通り順位などありません。おそらく多くの現場を目にしているからといっても、私の撮影の数など全国で行われているご結婚式の数から言えばほんの数パーセントで、ランキングなどつけられるはずもなく、しつこいようですが「よく聞いたなあ〜」と自身が感じる曲です。どうですか?パッと見て、これ2016年の曲ですか?ほとんどそれ以前のものですよね?そうなんです、ご披露宴でよく流れる曲って今流行っている曲じゃなくて、少し前に流行った曲たちなんですね。

だって結婚するお二人が選ぶ曲って、お二人の思い出の曲ですし、それはきっと「少し前」の曲なはず。最近の曲でめっちゃ聞くのは星野源さんくらいでしょうか?あのドラマの影響はすごいです。

そしていわゆる「ウェディングソング」と言われる「ウェディングに使われることを想定している楽曲」もないですよね?そうなんです、ああいった商業的にご結婚式に使ってください感が丸出しな曲ってなかなか現場では聞きません。なぜでしょう?はっきりとはわかりませんが、上記のような理由と、やっぱりそれを意識した曲って逆に少し「ベタ」すぎて、少し恥ずかしくて選びにくいんじゃないでしょうか?もちろん、楽曲的にもいいものは多いと思うのですが。。。

そんな感じで、少しづつではありますが、ご結婚式で聞かれる曲にも変化はあります。新郎新婦が選曲にこだわりを持ち、その使用許諾にも「こだわり」が必要になったと言うのも大きな変化でしょうか。。。

ともあれ、音楽はご結婚式の雰囲気を大きく変える重要な要素です。お二人がどんな曲を選ばれたのか?そんな事も気にしながら撮影を行なってゆきます。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment