Pocket
LINEで送る

先日、子供の発表会に行ってきました。やはり写真やビデオを撮られているお父さんお母さんは多いですね。そこでこの前のカメラの構え方に加えて、もう一つ気になった事。それは「三脚」。

IMG_5518

みなさんどうされてます?三脚選び。やはり運動会でもご結婚式でも、手持ちよりは三脚を使ったほうが安定した映像が撮れます。(持っているのも長時間だと疲れますしね)みなさんビデオカメラは最新のものをお持ちなんですが、意外と三脚にはあまりこだわりがない様子。でも三脚選びで映像のクオリティは全然違いますよ。

キーワードは「フリュード」

フリュードって知ってます?オイルフリュード搭載とかスペックには書かれていると思います。オイルダンパーを使って、三脚のヘッド(カメラを乗せるところ)の動きをスムーズにしてくれます。この機能があるとなしでは大違いです。基本、プロの三脚はこの機能がないと使えません。

しかし、みなさんの三脚を見てみると、写真用の3WAY三脚などを使っている方が結構多いんですね。3軸でそれぞれネジを緩めてヘッドの位置を決めるタイプのものです。これ、カメラを固定でずっと動かさなければいいのですが、パン(カメラを横に振る)ときなどはいちいちネジを緩めて角度を変えなければいけません。そしてその動きもガクガクです。そもそもカメラを動かす前提で作られていないんですね。

それよりはやはり「フリュード」機能のついた三脚で、スムーズにパンできたほうが、いい映像になりますよ。

「写真用の三脚」と「ビデオ用の三脚」はそんなところが少し違うんだなと、覚えておいて頂ければ嬉しいです。ただ、フリュード機能付きの三脚は少しお値段が張るのですが、下のような商品ですとわりとお手頃です。ご参考までに。

VCT-VPR1_特長___携帯時は480mmと小型で持ち運びやすいリモコン三脚___デジタルビデオカメラ_Handycam_ハンディカム___ソニー

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment