Pocket
LINEで送る

できる限り簡単に使える映像編集ソフトを探しているのですが、結構編集アプリって多いです。今回はこんなアプリを発見したので映像のプロの目で見てみました。

Film Story

Film Story Pro – ムービー作成 & 動画編集ならおまかせ。思い出の写真と動画で感動のムービーを作成、編集。好きな音楽をのせて友達に共有しよう – AppStair, Inc
IMG_5823

パッと評判を見た感じ、すごく使いやすい雰囲気です。

簡単に使い方

まず、プロジェクトのサイズを決めます。縦向きができるのも面白いですね。たまに縦に撮っちゃう人もいるみたいのなので。

IMG_5800

次にフィルムロールから素材を選ぶ。チェックをつけていく感じ。

IMG_5803-2

素材が並ぶので、それぞれにつなぎ(トランジション)を選んだり、順番を変えていく。

IMG_5804

字幕も追加できます。

IMG_5808

フォントの「シャドー」や「「縁取り」が選べたり、デフォルトで設定されているのがいいですね。

IMG_5809

あと面白かったのが、クリップごとの「アニメーション」設定で、「中央にズームイン」なんて効果も設定できます。こういった設定が全部のクリップに一度に設定するのも簡単です。

IMG_5811

そしてムービーを書き出し。

IMG_5816

フィルターも設定できます。

IMG_5818

処理中にこんなこともありました。映像編集はほんとに重い作業なのでこの辺の不安がスマホではやはりありますね。

IMG_5820

設定画面に「メモリ警告を無視する」って項目があるくらいですから(笑)

IMG_5827

完成後はYoutubeなどへの共有ももちろん可能です。

ここが良くてここが不安

素材を並べた瞬間でデフォルトで「クロスディゾルブ」が当てられるのは良いですね。スマホですからできる限り「手数」は少なく、良いものができる方が良い。

ディゾルブや字幕のデザインがデフォルトでそれなりのものに設定されているのはとても重要。

あとは、字幕。前回のAdobe Premiere Clipでは見たところでは字幕はつけられないようでした。黒画面に文字のような「タイトル」は設定できるんですが、これではいわゆるバラエティなどでの「字幕テロップ」がつけれます。ちょっと細かい作業ですが、少し印象的なカットで字幕をつけるとすごく映像が見やすくなるので。個人で楽しむ場合は「わかりやすさ」、「楽しさ」がメインですから字幕は必須で重要なポイントでしょう。

ここに音声認識などが加わって自動でテロップを書いてくれたら最高なんですが。難しいんでしょうか?それだけですごいアプリになるような気が。

あとはやはり安定性ですね。時折出る「メモリ不足」。Adobe Premiere Clipでは見ませんでした。ですが特に「落ちる」ということではないので、不安なだけですね。

このアプリの使われ方

で、このアプリどんな会社が作っているのかな?と見てみたら、AppStairというところ。写真や映像関係のアプリを多く作ってらっしゃいます。そこでこんなニュースを発見。

恋に落ちずにいられない!動画をつくらずにはいられない!待望の新企画「30秒キスムービー」が23日(金)放送!『山Pのkiss英語』

バラエティ番組内でこのアプリを使って短時間で映像作品を作ってみるという企画があったと。

面白いですね。映像撮って編集して、音楽つけて字幕までつけられれば、スマホ一つで完結ですよ。テレビ見てないので見れませんでしたが、紀里谷和明さんの作品見てみたかったですね。こんな使われ方が紹介されるのであれば、一般的に「スマホ完結動画」がやっぱり認知されてきてるんでしょう。勉強になりました。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment