Pocket
LINEで送る

新しいサンプルムービーを公開しました。福島にて震災により大きな被害を受けられたお二人から撮影のご依頼です。今まで「最北」の地での撮影になります。

福島での撮影という事で、最初は「映像で何か出来る事は無いか?」「力になれる事は無いか?」などと気負っていましたが。。。撮影でびっくりしたのは、「そんな被災のお話を所々にされるけれども、皆さん底抜けに明るい」と言う事。会場のスタッフも、ご友人もご親戚も、皆さん。

きっと本当に大変な思いをされた方が多いと思うのですが、今日は「晴れの日」。そういった意味でも「今日ばかりは幸せと楽しさが溢れ」ていたような気がしました。私も、生意気な思いだったなと。どこでも一緒、それぞれの苦労や経験、悩みなどを背負いながら、「今日は最高の日」。その一点だけは皆同じです。

これだけ撮影してきたのに、先入観など恥。いつものようにお二人の気持ちにやお人柄に寄り添って、あるがままを、流れるままを臨機応変に、そして丁寧に撮影させて頂きました。

やはり結婚式はお二人の為だけのものではない。お二人を囲む様々な人々との繋がりを深める、そういった意味が強いイベントなんだなと改めて感じました。この映像が皆様の大切な思い出を繋ぐお役に立てれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment