Pocket
LINEで送る

先日撮影させて頂いたエンドロールのサンプル使用ご許可を頂きました。

当日は、朝から雨。いつものようにお支度の段階から撮影をさせて頂きました。新婦様はとても恥ずかしがりやw、そしてとても緊張されていました。そんな雰囲気、お二人のお人柄も短い映像の中に表現できればと。

「昨日撮ったエンドロールと今日のエンドロールは何が違うのか?」

恐らく、キメたカメラワークと構図、プラスBGMで撮影の基礎が分かっていればエンドロールは誰でも作れると思います。でも、それだけじゃ皆さん同じ映像になってしまいます。もちろん、ご披露宴の演出や会場自体が皆さん異なるので、映像自体は異なる見た目にはなると思うんですが、お二人の「個性」がそこに表現できているか?

出来事を追うだけじゃダメなんだと最近強く思います。

「昨日撮ったエンドロールと今日のエンドロールは何が違うのか?」。。。

会場や演出じゃない、「お二人自身、そのお人柄」が違うんです。

そこをあの短いエンドロールの中に表現できるように、まだまだやれる事は多そうです。

アイコニック 東京・銀座 にて

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment