Pocket
LINEで送る

新しいサンプル映像を掲載させていただきました。「和」の雰囲気のエンドロールですね。始め、新婦お父さんのサックスの練習風景から映像はスタートします。これだけを見るとなんの事かわからないと思うんですけど、当日このエンドロールが流れる前にお父さんのサックス演奏があるんですね。

朝、会場に来て撮影準備をしていると、ちょうどご披露宴会場でお父さんがリハーサルをされていたので、ちょっとお話を伺って、エンドロールのオープニングに持って来ました。こういった「ついさっきのビハインドシーン」を皆さんにお見せできるところがエンドロールの良さだと思っています。お父さん、真剣でした。その一生懸命なご様子から、今日の日を祝うお気持ちを感じました。

そして、あいにくの雨でしたが、神社と「和」の雰囲気をちょっとインパクトのある音楽でつないでみました。雨の中の撮影は大変だったけど、当日の空気感が出せたでしょうか。

後にお客様から下記のご感想も頂きました。ゲストの皆様にも好評だったようですね。そう、「今までにない」事を一つしています。

それは「縦書きお名前表示」!

通常エンドロールは下から上へ横書きのゲストのお名前ロールを流します。最近はお名前表示をされない方も多いのですが、今回はお二人からのリクエストで、「和」をイメージした縦書き表示を試してみようとなりました。いろいろと考えたのですが、結果、画面下部に縦に6列ほどお名前を表示するというスタイルで作らせていただきました。実際のゲストのかたのお名前は出せませんので、仮のお名前で書くとこんな感じです。

テロップの例

どうですこれ!すごくいいでしょう?ほんとに「大河ドラマ」が始まるような感じです笑。いや、ほんとにこれは日本風のエンドロールとしていいですね。今後もご希望があれば使っていきたいと思っています。

こうやってお客様と相談し、いろいろな新しいことをすぐに試せるのも当方の強みですので、ぜひ皆さんのアイデアもどんどん聞かせてください!

break

ご感想分の画像

「大変素敵な映像に仕上げていただいて、とても感激しております。来ていただいたゲストの方々からも、今まで見たことがないエンドロールでとてもよかった、縦書きの名前表示は大河ドラマが始まるかのようでよかった、と言っていただいてます。

名前表示に関して、縦書きにしてほしいという希望に柔軟に対応していただいて大変感謝しております。

石井さんにお願いして本当によかったです。」

東京都 大野 様
エンドロール撮影
乃木神社 / 乃木會館 にて

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment