Pocket
LINEで送る

voice_maeda

「私自身は予算の都合でDVDを諦めていたのですが、姉が取り寄せたブーケアンドリールのサンプル映像を観て、「こんな素敵な映像を撮ってくれるところがあるのか…いいなぁ…」と、ずっと羨ましく思っていました。だから挙式当日、「姉からのサプライズプレゼント」として石井さんが会場に現れた時は本当に驚いて、でもとても嬉しかったです。

挙式後、届いたDVDは、とにかく本当に「素晴らしい」としか言いようがありません。アンティークのような色調での、とても丁寧な編集。一足先に出来上がった姉のDVDとはまた違う構成になっているところにも、石井さんのこだわりを感じ、観ていて本当に感動しました。

会場の雰囲気や会話、当日は気づけなかったゲストの表情もたくさん入っているので、ずっとおひとりで撮影されていたことが信じられないくらいです。

両家両親の想いや、大好きな人達と過ごした大切な時間。細かな記憶は少しずつ、どうしても薄れていってしまうものですが、このDVDを観ると、あの日感じた温かくて幸せな気持ちが何度でも戻ってきます。

ブーケアンドリールという会社を見つけ、私達の分までこっそりお願いしてくれていた姉には、本当に感謝の思いでいっぱいです。これから先、もし何か辛いことがあったときや、思いやりを忘 れそうになったときには、このDVDを見返して頑張ろうと思います!

私達にとってかけがえのない大切な一日を、価値ある作品へと仕上げていただき、本当にありがとうございました。」

京都府 前田 様

結婚式・披露宴撮影

ハイアットリージェンシー京都 にて

break

そうなんです、こちらのお客様はお姉様からのサプライズプレゼントとして撮影をさせて頂きました。当日までお姉様と綿密にお打ち合わせを行い、お支度のお部屋に突然入っていきました!新婦様は本当に驚かれ、「何の事?なにこれ?」(周りはみんな知っている)といった状態で大成功でした。実は仕掛人のお姉様は少し前に同じく撮影をさせて頂いていたのですが、その時から妹様のサプライズ撮影は計画されており、内心、ニヤニヤしておりました。

当日の映像をお気に入り頂き、何よりです。こんな「サプライズ映像プレゼント」も良いですね。皆さん、ぜひ巻き込んでください!

また、「お姉様の映像と構成が違う」点にお気づき頂き、感謝です。実は、先日とある会場で他の業者様が撮影された映像を見たのですが、それが本当につまらないものでして。。。なんというか、「ひな形通りの撮影」なんですよね。

まず、新郎新婦のツーショット、次に、ステディカムでお二人の周りを回る。次に周りの景色、扉が開くとその向こうにお二人。ゲストのカメラ目線の笑顔、指輪のアップ、微笑む二人。。。。

こういった感じで進んでゆくのですが、カットも単調、お二人の個性が無い!!!

まったく「ひな形通り」で、おそらく全てのカット割りやタイミングは決められていて、そこにお二人をあわせるだけなのでしょうか?もしかしたら撮影者にそういった意識は無いかもしれませんが、全くお二人の個性、お人柄は感じませんでした。

ブーケアンドリールが求めるのはその逆で、お二人だけ映像・ストーリーを作る事。もし、全く同じ会場で何度も撮影があっても、同じ映像は作りません。以前、レンストラン様で一時期提携をさせて頂いていた時、毎回同じ会場でどうやってそれぞれにお二人らしい映像を撮れるのか?本当に悩み、試行錯誤しました。でもいくら映像の新しいテクニックで変化をつけても、限度があると気づいて。。。結局お二人を見るしか無いんですよね。お二人は世界に「1組だけ」なんですから。

「ひな形」は嫌いです(自分自身が許せません)。お二人のご表情、お話を聞き、その雰囲気から、お二人だけの映像を考えて、その場で構成を行う。これはブーケアンドリールの大切にしている点です。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment