Pocket
LINEで送る

佐藤様のご感想画像

「大変遅くなってしまいましたが、先日おかげさまで結婚1周年を迎え、改めてビデオ撮影のお礼と感想をお伝えしたく、ご連絡させていただきました。

まず、本当に素敵な映像に仕上げていただき、ありがとうございました!DVDが届いて初めて見たときの感動は今でも忘れられません。というか、この1年間で何度見返したか分かりません。笑

派手な演出加工がある訳ではなくあくまで自然体の映像なので、何度見ても、まるでその日に戻ったような臨場感を味わうことができます。にも関わらず、まるで映画のようなお洒落な仕上がりになっていて、本当に素敵です。

また、新郎新婦ばかりを写すものではなく、ゲストの方々にもバランス良くカメラを向けて下さっていて、ビデオを見なければ分からなかった家族、友人たちの会話、会場の雰囲気まで楽しむことができ、ご依頼して本当に良かったと思っています。こんなに素敵な映像なら、エンドロールも一緒にお願いすれば良かったと思いました。

そして何より、このビデオを式に出席できなった家族に見てもらうことができて本当に良かったです。今年8月のお盆で帰省したときに、家族全員でビデオを鑑賞しました。写真では伝えられない部分まで共有することができ、本当に喜んでもらうことができました。

これからも何度も何度も見返すと思います!石井さん、本当にありがとうございました。」

東京都 佐藤 様

結婚式・披露宴撮影

バリラックス 新宿 にて

break

今年も後わずか、撮影も全て完了し、年末は編集作業が続いています。「あー、今年もいろんな場所に行って多くの方の幸せに立ち会えて楽しかったなあ」と考えにふけっていますが、ふと上記のご感想メールを頂きました。

びっくりです。何とほぼ一年前に納品し、それからとくにご連絡を頂いていなかったお客様からのご感想メールでした!!これは、最高に嬉しい!!!今年のトップレベルのプレゼントでした。なぜかというと。。。

ご結婚式の映像制作って、実はそんなに「数」出来ないんです。とくに私のやっている「ドキュメント」撮影なんかだと、納品映像が2時間ほど、実際の撮影素材は多くの場合5時間以上あります。それもただだーっと撮っているだけじゃなくて、構成を決めカットをちゃんと切ったもの。これを編集するのはとても根気と時間がかかります。その作業の中で、お二人の「お人柄」を再度見つめ、ご家族とゲストの皆様がたとの関係を表現していくわけですが、時間がかかる分、一つ一つの作品に「気持ち」も入ります。

本当に一つ一つが手作り、そしてオーダーメイド。

なので、「これを見てどう思ってくれるだろうか?」と言う気持ちも自然に湧いてきます。「気に入ってくれるだろうか?」仕事ですが、(ちょっと恥ずかしいですけど)こういった気持ちが根本にあるわけですから。「喜んでもらいたい」。ご感想のお言葉、欲しいです(笑)

もちろん、こんな事は制作者の勝手な思いで、お客様はそれに応える義務もないわけですが、「欲しい」んです(笑)

で、こちらのお客様は納品後、特にご感想もないまま時が過ぎていました。となるとやはり気になります。「もしかして気に入らない点があったのかな?」「怒ってるのかな?」なんて考えたりして。作品自体には自信があって、自分でもよく出来たと思っているものでしたから、なおそんな思いがずるずるとこの2014年ひきずっておりました!正直。

なので、年末のこのサプライズは肩の荷が下りたと言うか、ほっとしたというか。。。本当に嬉しかった!やっぱりお客様の「良かった、ありがとう!」というお言葉は何よりもまして制作の糧となります。さあ、来年2015年も、より皆様に喜んで頂ける映像制作を目指し、精進します!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment