Pocket
LINEで送る

本日は横浜でエンドロールを作らせていただきました。集中してたった一度のこの日を!お二人と、ゲストの方々は喜んでくれたでしょうか?後日のご感想が楽しみです。

さて、ビックスプーンって知ってます?以前もここに少し書いたことあると思うんですけど、ご披露宴のケーキ入刀の後、ファーストバイトってケーキの食べさせあいがよくあるんですけど、そこで使われるとんでもなく大きなスプーン。

何やらケーキの大きさが愛情に比例するとか、司会者さんも盛り上げます。

どんだけ大きいかといえば、たぶん私の身長位あります。(私、156cmちっちゃいです)いや、それは大袈裟ですかね、でも感覚はそれくらい。

やっぱりインパクトは凄く、盛り上がります。わかりやすさ、大事です。ここで「あ〜、あれね」なんて冷めちゃだめです。ここで果敢に盛り上がるのが粋です。

何やら求める人は求めていて、「どこで売っているのか?」「なかなか手に入らないらしい」など、噂があります。私はどこぞのホームセンターで発注をしないと手に入らないとか聞きました。そして、結構高いらしい。

今日のお二人もそれを使うと。興味津々、その出所を聞いてみるとなんと、なんと、どこかの元花嫁がレンタルをして全国を渡り歩いていると!

人気で結構予約が埋まっているらしい。羨ましい。。。

たった一回のイベントで後は置物になるだけのスプーンが、毎週何処かの結婚式で幸せなケーキをすくっている!凄いですよね。

伝説のビックスプーンです。

もはや伝説です。もしかして何度か会ったことあるかも。
今回、貴重なスプーンにお会いできました。そしてまた次のご披露宴会場に飛ばれるそうです。

  

ご披露宴終わりのスプーンは、なんとなく誇らしく見え、ボロボロの段ボール(いえ、お召し物)は少しかっこよく見えました。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment