Pocket
LINEで送る

一人で編集されたとは思えない

「お世話になっております。週末早速二人でビデオを拝見させていただきました。それぞれのシーンごとに色調がかわったり、音楽もぴったりなものが流れて来たりと、とても素敵なビデオでした!

自分達の結婚式のためにご参列いただいた方、式場のスタッフの方達などの様子なども垣間見ることができました。また、主賓の挨拶や友人スピーチ等もお願いした通り、全て残してくださってありがとうございました。

彼から私へのコメントを撮っているとは全然知らず、ビデオを見てびっくりしました。彼はビデオを見ている時は照れっぱなしでした。

映像は一人で撮影されたとは思えないほどのカメラワーク、色々な角度から撮影されているのに、それをまったく感じさせなかった石井様の撮影に驚きでした。これから何年経っても、このビデオをみたら、新婚当時の気持ちを思い出せると思います。

エンドロールは誓詞を読み上げる場面から始まっていて、他のエンドロールは一曲の音楽にのせて編集されたものしか見たことがなかったので、すごく新鮮で、素敵でした。

ドキュメント版に含まれるダイジェストはしっとりした感じの編集に対して、エンドロールはかっこいい感じの編集で同じ結婚式でここまで違うものが出来るとは一粒で2度美味しい感じです。ドキュメント版の最後のほうの流れもドラマか映画をみているかのようでした。

当日は披露宴が終わった後も時間が許す限り撮影してくださって、本当にありがとうございました。」

石川県 油木 様

結婚式・披露宴・エンドロール撮影

つば甚 にて

break

この日は金沢の料亭様でのご結婚式にお呼び頂きました。のんびりとしたお支度風景での皆様の会話、そういった何気ないシーンがとても素敵ですね。その後、金沢と言えば兼六園へお写真撮影にも同行。カメラマンさんもとても良い方で、和気あいあいと撮影をさせて頂きました。そんな時ですね、きっと「一人で撮っているとは思えない」とお感じになったのは。

本当は陰で走り回ってます!w「あれ?どこいったんだろう?」と思ったら、おそらく先回りをしてお二人を狙っていますw

こういったローケションのシーンでも、撮影には集中しますが、あまりまじめに「巨匠」のような顔で撮影するのではなく(たまにそういう方いますが。。)、「さわりは柔らか、でも中は情熱」というような雰囲気で撮影したいですね。あくまでお客様との現場を大切にしたい。お客様だってただ良い映像が撮れればいい訳じゃない。その撮影現場での体験を含め、良い思い出を残したいのだと思います。

ということで、現場ではあまり怖い顔をしない!自戒!

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment