Pocket
LINEで送る

個性的な映像演出

オープニングムービーってご存知ですか?ご披露宴の新郎新婦入場の前、ゲストの皆様がその入場を待ちわびているタイミングで上映される映像です。多くはお二人の簡単なプロフィールの紹介だったり、テロップのメッセージだったり、入場のカウントダウンだったり。

最近動画のエンドロールがとても多くなっていますので、このオープニングを少し凝った動画にするのって、とてもインパクトあると思いますよ。

エンドロールのように、「感動」をアピールするわけでもなく、「期待」というキーワードを大切にして、内容はほぼなんでもありですので、創作の幅も広がります。プロの撮影カメラマンが入ると本当に自由な発想のオリジナル作品が作れます。

こんなオープニング映像はいかがですか?

準備を重ねている日々

お二人で、会場打ち合わせに行く風景だったり、装飾品を手作りされているところ、招待状を作っているところもいいですね。こんなシーンをまとめてオープニングムービーとして上映するのはいかがですか?この日に対するお二人のお気持ちが伝わるはずです。

お二人の日常

お二人が普段どんな生活を送られているのか?朝起きて仕事に行って、ちょっと帰りに友人と飲みへ。本当に自然なお二人の1日の生活を(ところどころ重なるところなどありながら)追ってみるのはいかがですか?飾りのない自然なお二人のお人柄が伝わると思います。

お二人とお散歩

お二人とお散歩しましょう。いつものお二人らしく、街を歩き、食事をし、楽しく遊んでいる映像から、よりお二人に親近感を頂いていただけると思います。こういった撮影は目立たないように小型のシネマカメラにて自然に撮影させていただきます。

ご出身地を訪ね紹介する

ご自身を紹介するという意味を込めて、今は離れていらっしゃるご出身地を訪ねて、思い出の場所などをご紹介するというのはどうでしょう?小さい頃遊んだ公園、小学校、近所のお店。久しぶりに訪れる地はご自身にも新鮮で、きっとご家族や地域の「絆」を深めるきっかけの映像になるとお思います。「ルーツ」を探す映像みたいな雰囲気ですね。

いかがですか?幾つか書いてみましたが、アイデアはいろいろと浮かびます。お二人もきっとそれぞれ独自のアイデアが浮かぶはずです。アイデアをアイデアのままにせず、構成と撮影・編集のサポートをおまかせいただくだけで、本当に簡単に映像は形になります。そしてその影響力はとても大きいものです。

人生で最高レベルに注目される「入場シーン」です。こだわった映像で会場を盛り上げるお手伝いをさせて頂ければと思います。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment