Pocket
LINEで送る

私は毎週のように日本全国、初めての会場様に撮影に伺います。写真のカメラマンさんも同じですが、おそらくご結婚式の会場スタッフより、多くの会場の実際を見ていると思います。そこで、プロのビデオカメラマンの冷静な視点で、これから会場選びをされるお二人に、できる限りのアドバイスをお贈りできたらと思います。

まずお二人が最初に会場選びをする時に、対応されるのはどなたですか?多くの場合、「プランナー」と呼ばれるスタッフさんだと思います。もし、その会場に決めて、ご披露宴の内容などを一緒に考えて行くのもこの「プランナー」さん。ご結婚式が無事終わるまで、時には友達のように親身に相談にのってくれます。

でも結婚式当日は

a1180_016152そして、ご結婚式当日。担当のプランナーさんはお支度室へ一瞬顔を出してくれました。そして、、、怒涛の挙式、ご披露宴の流れ。おひらき後に「お疲れさまでした〜」とプランナーさんがまた来てくれました。

そうです、プランナーさんって実は当日はあまり会えないんです。文字どうり、ご結婚式のプランを考えてくれる方で、当日の現場での指示や実務はされないことがほとんどです。

何が言いたいかと言いますと。

「プランナーさんのお人柄だけで決めちゃダメですよ」

ということ。もちろん、その会場に決めたのは、ロケーションや内装、装飾、イメージ、費用など、いろいろあるでしょうが、やはり「プランナー」さんがいい人だと、そっちに惹かれてしまうものです。確かにスタッフの魅力はご結婚式の成功に重要です。だから尚更、目の前の人だけを見ていてはいけなといつも感じます。

どんなに楽しく、斬新で、ときには気持ちをくみとったプランニングをしていただけても、当日現場で実際に指揮をとるのは、

お支度ではメイクさんですし。

挙式やお控え室では介添えさんやその他スタッフさん。

ご披露宴ではキャプテン。

なんです。ですから可能な限り「人」を見て、プランナーさん以外の当日のスタッフさんも知ってください。

当日のスタッフさんも知ってください

あまり言いたくないですが、実際、プランナーさんはすごくいい方なのに現場のキャプテンがとんでもなく横柄で、お客様もこちらのスタッフも閉口してしまったと言うことも多々あります。

では実際のスタッフをどうやってみるの?

でも実際のスタッフを見るって難しいんです。実際に「お会いしたい」と伝えればお会いすることもできるかもしれませんが、会場様は嫌がるでしょう。良い会場様ですと他のお客様のご許可をいただいて、開演準備中のご披露宴会場の様子なども見せてくれるかもしれません。

でも、やはり一番いいのはご友人などの結婚式に参加し、お二人ではなく、じっくりとスタッフを見てみることですね。こればかりはリアルにシミュレーションできます。その動き、気配りや、トラブルに対する対応、話やすさ、サービスの質など。。どこが一番ということではなくて、ご自身に合う「スタッフ」を会場選びと同じように選んでみてください。

というわけで、「プランナーさんのお人柄だけで安心しちゃダメですよ」というお話でした。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment