Pocket
LINEで送る

とても嬉しいご感想を頂きました。

voice_youda

「映画観賞が好きなため、「シックス・センス」で主人公の妻が自分の結婚式のビデオを見るシーンを見て、ああいう映像を残そう!と決めていました。インターネットで自分のイメージに合うビデオ製作会社を探し、ブーケアンドリールさまに早々に申込みをさせていただきました。

先日完成DVDが送られてきたのですが、好きな映画の世界のような映像に仕上がっておりとても感激しています。特に、披露宴で上映した映像を組み込んでいただいたのがとてもよかったです。

編集についてはほとんどお任せでお願いしていたのですが、進行上重要なシーンはすべて過不足なく入ってました。ただ、余興のシーンは自分たちより来賓の方のリアクションや表情を見たかったので、先にお願いしておけばよかった!、と思いました(終わったあとだから思うことですが・・)

DVDの作りも凝っていて、ダイジェスト版があったり、シーン毎にチャプター再生ができたり本当に映画みたいで嬉しかったです!

今度、友人・家族を招いて上映会をする予定です。このたびはお世話になりありがとうございました。」

神奈川県 養田 様

披露宴 撮影

グランドプリンスホテル高輪 にて

break

映画好きなお二人は、ご結婚式の映像にもやはり「映画」の質感を求められ、当方にご依頼を頂きました。ご依頼頂く方は結構「映画好き」の方が多く、フィルムの質感を目指しているブーケアンドリールですが、やはり制作費数億円の映画と肩を並べるのはプレッシャーがあります。でも、、、お喜び頂けてよかったです!!

やはり少し他とは違う当方のイメージを感じて頂き、相当インターネットなどでお選び頂いたんだと思います。現在はネットで見つけて頂く以外にご依頼を頂く方法はないので、良くご友人などから「いいの見つけたね〜」とまるでレアものを発見したときのようにおほめ頂けるんだとか。映像技術にどんな力を入れようと、「知って頂かなくては無いものと一緒」。この言葉をもう一度考え、営業努力して参ります。

余興の際のゲストの皆さんのご表情があまり撮れずに申し訳ございませんでした。ただ、それまで緊張されていたお二人が、ここで、すごいリラックスされた楽しいご表情をされていたので、そちらを追ってしまったのだと思います。映像の撮影(編集につながる)には「正解」が無いとよく言われますが、正にそのとおりで、なかなか難しいものですね。しかし今回は「ゲストの皆様の表情をもっと見たい」と言うご希望、素直に反省すべき点です。失礼を致しました。

ご準備などお式の前はお忙しいお二人ですが、よくお話をお聞きし、ご自身でも認識していないレベルのご要望を「引き出す」事の重要性を感じています。

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment