Pocket
LINEで送る

ご感想を頂きました。渋谷のザ レギャン・東京様で撮影させて頂いたお二人ですが、お気に入りいただけたようで、なによりです。当日はかなり前から入らせていただいたのですが、もうすでに新郎様が一生懸命に会場の飾り付けをされていて、そんなお姿から撮影スタートさせて頂きました。

ホテルのような大きな会場ではなくて、レストランや貸切の会場ですと、こういった「準備のシーン」からお二人のそばにいれて、少しお話なんかしながらそのお人柄にふれていく、そのな過程も撮影していてとても楽しく、醍醐味を感じる瞬間です。

そうです、WEBにアップしたムービーもお喜びいただけたようで良かったです。パスワード付きであげますので、ご両親様やご友人様などに、パッとその場でスマホでお見せすることもできますよね。

最近は「ディスク」(Blu-ray)の需要がほんとに減り、(実際私も映画などほとんどネット経由ですね)お客様にお届けする形も考えるタイミングだと思うんですが、現時点でうちでは「Blu-ray」とダイジェスト部分の「WEB」アップをさせていただいています。今更ディスクの時代でもなく、本編全てをオンラインにアップすることも可能なんですが、やはり結婚式という大切なイベントの映像としては「かたち」としても、物質であることは贈り物としては意味があるのではないかと。

いや、私も先の通り、以前買ったDVDやBly-rayはほとんど処分しWEB動画、何百枚あったCDもiTunesのおかげで捨て、本も図書館かkindleです。

でも、プレゼントにデータを贈る人はいませんよね。

かたちある物がやはりまだそこは意味があると思うんです。だからパッケージもこだわります。もちろん、ディスクのオリジナルデータはオンラインにもあり、物として壊れたら終わりではなく、永遠に存在します。まあ、USBでもいいのですが、再生環境としてBlu-rayよりは今一歩劣るところが不満で、あと、なんかPCっぽいのが美しくないというか。。。「データ感まるだし」のところが何か好きになれません。ディスクってキラキラしていていいじゃないですか。

もちろん、時代は4Kも控えてますし、オンラインに移行することはわかりきってますので、ご希望であれば納品のかたちもご希望をお伺いいたします。是非皆さんのご意見もお聞かせください。

break

voice_kato_mini

「この度はとても素敵な映像を作って頂き誠にありがとうございます!冒頭から映画の様な始まりで自分達の映像とは思えなかったです。

編集も30分見ても飽きることなく見れました。列席者の方のコメントも印象的で嬉しかったです。

また、ダイジェストでは本編とは別の素材を使って頂いた箇所もあり、丁寧に作って頂けたのが解りました。音楽もイメージ通りで良かったです。

WEBの方にもupして頂き、家族に見てもらったり出来てとても便利だと思いました。

ブーケアンドリールさんに依頼して良かったです。ありがとうございました。」

東京都 加藤 様
結婚式・披露宴撮影
ザ レギャン・東京 にて

Pocket
LINEで送る

あわせて読まれている記事はこちら この記事が役に立ちましたらいいね!をどうぞ

Leave a comment